【2018/03/14】第1回承認をめぐる間主観性の発達セミナーを開催しました.

更新日:2018/03/15

「承認をめぐる間主観性の発達」第1回セミナーを3月14日(水)に京都大学稲盛財団記念館で開催いたしました.
 今回はマックス・プランク心理言語学研究所(オランダ・ナイメーヘン)のペネロペ・ブラウン名誉上級研究員をディスカッサントに迎えて,日本の研究者4人に間主観性の発達に関わる発表をしていただきました.多数のご参加をいただき、ありがとうございました.
 「承認をめぐる間主観性の発達」セミナーは,子どもが養育者からの承認を通じて間主観性を発達させていくプロセスを探究するため企画されました.これと関連する研究を推進している優れた研究者を国内外から招へいし,話題提供していただきます.

 


 
第1回承認をめぐる間主観性の発達セミナー
 

【日時】
2018年3月14日(水)13:00-18:00(開場12:30)

 

【会場】
京都大学稲盛財団記念館中会議室
http://www.asafas.kyoto-u.ac.jp/en/about/access

 

【スケジュール】
13:00-13:10
Introduction
高田 明(京都大学アジア・アフリカ地域研究研究科)

 

13:10-14:10
Linguistic devices for indexing gestures in Arta (Philippines): “(u)wa” ‘what-cha-ma-call-it’ as a placeholder and beyond
木本幸憲(名古屋大学大学院人文学研究科)

 

14:10-15:10
The progression from teacher-led to co-created activities for preschoolers
深田智(京都工芸繊維大学)

 

15:10-15:30
Coffee break

 

15:30-16:30
Infant’s pointing and participation framework (tentative)
遠藤智子(成蹊大学)

 

16:30-17:30
Caregiver’s strategies for eliciting young children’s storytelling
高田明(京都大学)&川島理恵(関西外語大学)

 

17:30-18:00
総合討論

 

【備考】
* 講演は英語で行われます.通訳はありません.
* 事前の参加予約は必要ありません.どなたでも自由に参加いただけます.
* 参加費は無料です.
* 承認をめぐる間主観性の発展セミナー
  科研費補助金・基盤研究(B)「承認をめぐる間主観性の発達に関する研究」(代表:高田 明)